バルクオムの真実|洗顔と化粧水を使って分かったメリットとデメリット【レビュー】

メンズスキンケアの王、それがバルクオム。

今はメンズのスキンケアは常識になっています。

 

 

メンズスキンケアならバルクオムが一番です。

僕も最近はずっとバルクオムを使っています。

 

ということで僕が実際にバルクオムを使って感じたことをまとめました。

僕のリアルな感想です。

96da
僕がバルクオムを使って感じた本当の意見を包み隠さず伝えます!

どれくらいで届く?

僕はバルクオムの定期購入コースで洗顔と化粧水を買っています。

バルクオムの公式サイトで商品を申し込んでからその日中に商品の発送通知が来ていました。

 

 

実際に家に商品が届いたのは注文の翌日。

めちゃくちゃ早いですよね。

 

 

Amazonなどのネットショッピングサイトでもバルクオムは購入できます。

しかし、

  • 初回500円の2ステップコースに申し込めない
  • 商品の到着に時間がかかる

という点から、公式サイトからの購入をおすすめします。

セット内容は?

 

 

バルクオムの定期購入コースは、2ステップコースと3ステップコースの2種類があります。

2ステップコースと3ステップコースの違いは「乳液が含まれているか、いないか」です。

 

 

僕は乳液のみ別のものを使っているので、2ステップコースを選びました。

定期購入コースのセット内容

・洗顔料

・化粧水

・乳液(3ステップコースのみ)

・泡立てネット

・化粧水詰め替え用ボトル

・スキンケアブック

乳液が入っていない2ステップコースが初回に限り91%オフの500円、乳液が入っている3ステップコースが74%オフの2,380円で購入できます。

 

価格的にも2ステップコースの方が手軽に始められますよね。

2ステップコースには乳液のお試しサンプルも含まれているので、バルクオムを試してみて乳液も必要だと感じてからコースを変更しても遅くないです。

THE FACE WASH(洗顔)のレビュー

まずはTHE FACE WASHのレビューです。

実際に使って感じたメリットとデメリット双方をお伝えします。

96da
バルクオムの洗顔をレビューします!

THE FACE WASHのメリット

まずはメリットからです。

1.生せっけんが気持ちいい

僕は敏感肌なので、薬用洗顔フォーム独特のツーンとした感覚が苦手です。

洗い終わった後に肌がピリピリしてしまうんですよね。

 

なので薬用洗顔フォームよりもせっけんの方を好んで使っています。

しかし、普通のせっけんだと柔らかくないので泡立ちづらく使いづらいのが悩みでした。

 

 

THE FACE WASHは生せっけん。

せっけんのような洗い心地なのに、柔らかいのでとても使いやすい。

2.過剰に洗いすぎない

敏感肌の僕にとって、「洗いすぎない」洗顔料というのが使い続けるうえでは絶対条件。

ニキビがひどかった時は、洗顔力が強いものを使っていました。

 

 

ニキビを治すには洗浄力が強いものを使わなければいけません。

しかし、ニキビがある程度落ち着いた今は洗いすぎてしまう洗顔はむしろ逆効果になってしまうんですよね。

洗いすぎて赤ら顔になってしまっていました。

 

 

しかしTHE FACE WASHは洗いすぎない感じ。

具体的にいうと、汚れのみを洗い落としてくれている感覚。

肌の上の皮脂を1枚だけ残してくれるんですよね。

 

THE FACE WASHは、「不要な汚れを落としつつ、肌に必要な成分を残す」ことをコンセプトに開発されました。

洗顔料の基本的な機能は、当たり前ですが「肌に付着した汚れを落とすこと」です。
もし、汚れを落とすことだけを考えるのならば、洗浄力の強い成分を配合すればいいだけなので、すごく簡単です。

(中略)THE FACE WASHでは、男性の肌に付着した汚れをしっかりと落としつつも、肌に必要な皮脂は残し擬似皮脂膜を形成できるよう、何度も配合テストを繰り返し、適度な洗浄力は保ちつつエモリエント効果が期待できる洗顔料に仕上げることが出来ました。(出典:バルクオム)

この独特な洗い心地はTHE FACE WASH一番のストロングポイントです。

3.付属の泡立てネットでモチモチ泡が簡単

定期購入コースだと泡立てネットが付属してきます。

洗顔料は泡立てて使うのが本来の使い方。

 

泡を使って包み込むように洗うことで肌を傷つけずに洗えるんです。

でも洗顔料を泡立てて使うのって結構めんどくさい。

 

 

THE FACE WASHは付属の泡立てネットを使うことで簡単にモチモチ泡を生み出せます。

例えるならマシュマロのような弾力の泡。

 

肌に乗せたときに手を押し返してくるような感覚があります。

始めて使ったときはモチモチ過ぎてびっくりしました。

4.デザインがシンプルでかっこいい

バルクオムと言う名のとおり、バルクオムは中身(バルク)にこだわったコスメを販売しています。

つまりパッケージに余計なデザインが施されていないんです。

ドラッグストアなどで売られているコスメは女性が使うことを前提に作られているので、パッケージがピンク系の色だったり可愛い系のデザインがあったりします。

 

 

でもバルクオムのデザインは超シンプル。

簡易的なパウチに黒字で説明が書かれているのみ。

潔さを感じます。

 

むしろシンプルなのが逆にかっこいいです。

変に主張しすぎない感じが男性の好みでおしゃれ。

 

こういったデザインも男性が使うことを前提に作られているのがわかるポイントです。

THE FACE WASHのデメリット

ここまではTHE FACE WASHのメリットでした。

しかし、完璧なものなどこの世には存在しません。

短所も必ずあります。

1.洗面台の場所を取る

THE FACE WASHはシンプルなデザインです。

容器は簡易的なパウチみたいなもの。

 

 

普通の洗顔料は長細い形をしていますよね。

しかし、THE FACE WASHは平べったいので洗面所の場所を結構取ります。

洗面所には

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • クレンジングオイル
  • スポンジ
  • 泡立てネット
  • 垢取り用のタオル

など置きたいものがたくさん。

でも当然ながら置くスペースは限られています。

なので、置くものはなるべく省スペースにしたいものです。

 

 

一人暮らしの男性ならスペースには困らないかもしれません。

しかし、彼女と同棲している方や家族と同居している方は置くスペースがないかもしれません。

2.持ち運びにくい

バルクオムのシンプルなデザインは自宅で使う分には全く不便はありません。

しかし旅行などで持ち運ぶという点では話が別。

 

バッグの中でかさばるし、キャップも簡易的なものなのでバッグの中で暴発する恐れがあります。

容器自体も丈夫なものではないので、荷物の下敷きになってしまうとつぶれてしまいます。

実際旅行に持って行ったとき、バッグの中で下敷きになってしまっていました。

3.適切な量を出しづらい

一般的な洗顔料に比べてTHE FACE WASHは洗顔が出てくる部分が広いです。

説明には10円玉くらいが一回の使用量と書かれています。

 

 

しかし、実際には必要以上に洗顔料を使ってしまうんです。

僕は付属の洗顔ネットに取り出してTHE FACE WASHを使っています。

 

 

しっかり泡立てて使うと、作った泡が半分近く余るんです。

なんかもったいない気がしますよね。

THE TONER(化粧水)のレビュー

続いてはTHE TONERのレビューです。

THE TONERのメリット

まずはTHE TONERのメリットから紹介します。

1.さらっとした付けごこち

僕は高級化粧水にありがちなベタッとした付け心地のものが苦手。

肌に脂っぽいものが残っている感じがするからです。

なので日焼け止めのようなクリーム系のものも苦手。

 

 

でもTHE TONERは化粧水とは思えないくらいさらっとしています。

ほぼ水でした。

悪口ではなく誉め言葉です、最高の。

2.肌に乗せたときの伸びがいい

さらっとした付け心地なので肌に乗せたときの伸びもよくて使いやすかったです。

手のひらで肌全体に伸ばすだけで広がってくれます。

まさにコットン要らず。

 

 

コットンが必須な化粧水もありますが、THE TONERは違いました。

スキンケアで使う道具が一つ減るだけでもとてもありがたいです。

どんなにいい化粧水でも使いづらかったら継続して使えませんからね。

3.刺激が少ない

THE TONERは低刺激タイプの化粧水です。

安い化粧水は独特のアルコール感があります。

消毒用アルコールのあの感じです。

 

 

でも、THE TONERには肌に与える刺激はほとんどありませんでした。

刺激が強いタイプの化粧水だと、シェービング後に使った時のピリピリ感がすさまじいです。

 

 

男性とシェービングは切っても切れない関係。

シェービング後にも使いやすい化粧水というだけで高評価です。

4.清涼感のある香り

THE TONERはフローラルフルーティーの香りを採用しています。

女性用の化粧水は甘ったるい香りのものや鼻につく人工的な香りのものが多いです。

 

 

しかし、そこはさすがのバルクオム。

男性でも使いやすい自然でさわやかな香りです。

伊達に「男性のために作られたコスメ」を自称していませんよね。

THE TONERのデメリット

続いてはデメリットをお話しします。

化粧水としての性能は文句ないです。

 

なのでそれ以外で気になった点をレビューします。

1.化粧水の取り出し口が使いづらい

バルクオムの定期購入コースを申し込むと、初回限定で化粧水の詰め替え用ボトルを貰えます。

しかし化粧水詰め替え用ボトルが品薄状態が続いているらしく、初回の到着の段階で詰め替え用ボトルは届きませんでした。

 

 

なので、詰め替え用ボトルが届くまでの間は直接使わなければいけません。

普通の化粧水は一回にドバっと出ないような造りになっています。

 

しかしTHE TONERの場合、詰め替え用ボトルに移して使うことを前提として作られているので容器を傾けるだけでドバっと出てきてしまうんです。

結構使いづらい。

バルクオムの化粧水詰め替え用ボトルが届くのに時間がかかるようなら、100均でボトルを買って使わないとだめかもしれないです。

2.何回かに分けて付けないといけない

THE TONERは伸びがすごくいい反面、一回肌に置いただけでは保湿されないです。

何回かに分けて化粧水を肌に浸み込ませないといけません。

 

 

しかし、このデメリットはさらっとしたタイプの化粧水の宿命。

同じような付け心地の化粧水に無印良品のさらっとタイプ化粧水があります。

それと比較すると、THE TONERの方が肌の奥に浸透する時間が短いように感じました。

結局バルクオムは使えるの?

ここまでバルクオムの洗顔料と化粧を実際に使って分かったメリットとデメリットをお伝えしました。

あなた
で、実際バルクオムはどうなの?

というお声ですが、結論は…

 

 

 

96da
バルクオムはメンズが使うなら1番のコスメです!

もちろんデメリットもありますが、コスメ自体の性能は非の付け所がないといえます。

 

初回限定で公式サイトからなら洗顔と化粧水のセットが500円で申し込めます。

なので始めるためのハードルが低いのもおすすめできるポイントの一つ。

バルクオムは「市販のコスメを一通り試してみたけど、いまいち効果が出なかった」というあなたに最適なコスメと言えます。

関連記事>>

肌荒れメンズ必見|ニキビに効く洗顔料と保湿抜群な化粧水を紹介します

ビーグレンを辛口レビュー|効果は?値段は?メリットやデメリットをまとめました

洗顔は旅行に必須|持ち運びやすくて使いやすい洗顔フォーム16選【ニキビ防止】

あなたにおすすめの記事>>

今大学生に熱海がアツい!現役大学生が熱海を日帰りで骨の髄まで満喫してみた!

【水曜どうでしょう】サイコロの旅を格安でやってみた