【短期バイト】クロネコヤマトのバイトのメリットとデメリット13選

長期の休みだけ短期のバイトをする学生はかなり多いと思います。

そんな2カ月位の短期バイトを探す時に目に付くのがクロネコヤマトの倉庫内の仕事。

クロネコヤマトの倉庫バイトで僕が体験したメリットとデメリットを紹介します。

メリット

まずはメリットから紹介します。

全国各地の地名に詳しくなる

僕は川崎のベース(荷物を集める拠点)で働いていたんですが、ベースでは日本全国から集まった荷物を捌いています。

土地毎にベースの番号が割り振られているんですが、仕事をしていると嫌でも場所を覚えていきます。

 

 

土地毎の位置関係や大体の地域を把握できると旅行をするときも結構便利です。

例えば「こことここは意外と近いから一日で回れる」というのを感覚で分かるようになっていきます。

 

 

あとはテレビやインターネットで出てきた場所がどこにあるかがすぐにわかるようになります。

「豪雨被害の〇〇市ってあそこかー」

っていうのがすぐわかります。

出勤用のバスがある

僕が勤めていた神奈川ベースの場合、横浜駅鶴見駅綱島駅から無料バスがありました。

こういう短期雇用のバイトの場合、交通費が出ないことが多いんですがこういった主要な駅からシャトルバスが出ているのは本当に助かります。

 

大体30分~1時間おきに一本バスが出ているのでいろんなシフトに柔軟に対応しています。

自家用車、バイク、自転車でも通勤できる

シャトルバスだけではなく、面接のときに申請すれば自家用車バイク自転車でも通勤ができます。

ベースがある場所は郊外なことが多いので、いろんな通勤形態があるのは嬉しいですよね。

 

 

普通のバイトだと自家用車やバイクを停める場所がないので徒歩での通勤を余儀なくされます。

でも、クロネコヤマトだと駐車場がついているので、無料で通勤できます。

夜勤や早朝のバイトだと電車は走っていなくて仕事が終わってからスムーズに帰れないこともあるので仕事が終わってすぐに帰れるのは結構大きいポイントだと思います。

ほぼ採用される

学生の長期休暇の前にクロネコヤマトでは大量採用をしています。

普通の学生ならよっぽどのことがない限りはまず採用されるでしょう。

 

 

短期でバイトを探しているときは、採用か不採用かをなるべく早く教えてほしいですよね。

すぐ採用が決定するのでバイトの採用が決まるまでの空白期間を少なくして無駄なく働けます。

提出したシフトでそのまま働ける

シフトは半月もしくは一カ月ごとに提出します。

基本的に人手不足なので提出したシフト通りで働けます。

短期でバイトをする場合、なるべくガッツリ稼ぎたいと思うので思いっきり稼げるのはいいポイントだと思います。

高校生でも時給は変わらない

コンビニや飲食店のバイトだと、高校生だと他の人よりも時給が低く設定されていることがあります。

しかしクロネコヤマトの場合は高校生でも神奈川ベースの場合は時給1000円スタートです。

高校生で時給1000円のバイトは結構レアなので短期間で稼ぐにはもってこいです。

サービス残業がない

クロネコヤマトの場合、シフト管理はタイムカードです。

なのでどんなに残業しても働いた分の時間給料がもらえます。

バイトによってはサービス残業を強いられることもあるのでこの点はとてもいいです。

デメリット

まずはメリットから書きましたが、当然ながらデメリットもあります。

外国人がとにかく多い

採用のハードルが低いので出稼ぎにきた外国人の方がとても多いです。

僕が働いていた時の日本人と外国人の比率は1:1位でした。

 

 

職場内では何語か分からない言語が飛び交っています。

働いているときは周りとのコミュニケーションは必須なので、スムーズにコミュニケーションが取れないのは結構苦痛に感じる人もいると思います。

ちなみに僕が外国人の方と仲良くなるためにしたことは下ネタです。

▼僕の風〇体験記はこちら

ニューハーフ専門の風〇に行ったら新しい扉が開いた

2018年8月14日

【体験談】初めて行った〇俗で超ド級の地雷を引いたけど人生で一番楽しかった

2018年8月2日

下ネタの受けがいいのは世界共通みたいです(笑)

職場が汗臭い

倉庫内での仕事なので空気の流れが悪く密閉された空間です。

なのでとても汗臭いです。

慣れるまでは正直結構不快です。

 

あとは通勤用のシャトルバスもあるんですが、汗のにおい&外国人特有の臭いのダブルパンチで結構臭いです。

車内に入った瞬間に鼻を衝く臭いがしてきます。

僕は毎回吐き気と戦いながらバスに乗ってました。

入るときに買わなければいけないものがある

倉庫内の作業なので刃物や大型の機材などの危険なものがたくさんあります。

なのでバイトを始める際に安全靴、ヘルメット、軍手を必ず購入しないといけません。

合計で5,000円くらいが給料から天引きになります。

安全靴やヘルメットは日常生活で使う場面が来ることは殆どないのである程度シフトに入らないと元手を回収できません。

社員の態度がでかい

社員の人は結構パワハラ気味です。

口調もきつめだし、ちょっとでも仕事が遅れていると檄が飛んできます。

メンタルが弱い人だとすぐに折れちゃうかもしれません。

 

 

もちろん全ての社員の態度が大きいわけではありません。

当然ですが親身に対応してくれる社員さんもいらっしゃいます。

楽な場所とキツイ場所のの差が大きい

出勤したときにその日の持ち場が掲示されているんですが、持ち場によって疲労度がかなり変わります。

僕はメール便かコンベアのどちらかに配属されることが多かったです。

 

 

メール便の場合は物自体が軽いので比較的楽ですが、コンベアや荷下ろしに配属された場合は結構きついです。

肥料や米などの持ちづらくて重いものを積まなきゃいけないのでとにかく疲れます。

繁忙期と閑散期の忙しさの差は段違い

お中元やお歳暮のシーズンはいくら荷物を捌いても無限に荷物が湧いてきます。

ですが、そうでないときは結構暇でした。

荷物の量で言えば7割くらいです。

 

クロネコヤマトでのバイトは短期でするならもってこいのバイトです。

密度濃く働けるので、「長期の休みでいっぱいお金を稼ぎたい!」という人は是非働いてみてください!

 

関連記事>>

1日5分で月10万円?!手軽に稼げる転売ジャンル4選

他人の価値でお金を使わずに自分の価値でお金を使え

時間を失うことは無一文になることよりも怖いことだ

 

あなたにおすすめの記事>>

今大学生に熱海がアツい!現役大学生が熱海を日帰りで骨の髄まで満喫してみた!

【水曜どうでしょう】サイコロの旅を格安でやってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください