【スープカレー】SOUP CULLY KINGが常識外れのWスープで旨すぎる

札幌名物と言えばスープカレー。

札幌市内に数多くの有名店が軒を連ねていて、どのお店もハイレベルにしのぎを削っています。

今回は札幌駅やすすきのからのアクセスも◎なSOUP CULLY KINGに行ってきました!

 

 

豚骨ベースと和風出汁のWスープカレー、

 

 

 

異次元でした。

 

 

SOUP CULLY KINGってどこにあるの?

SOUP CULLY KINGは南平岸の本店と、大通駅のセントラル店の2店舗です。

▼本店の地図

▼セントラル店の地図


今回はアクセスの良さからセントラル店に行きました。

 

 

お店は大通駅から歩いて5分位の所にあります。

大通駅からすすきの方面に一番大きい通りを進んで、南2西3の信号を左に曲がったらすぐです。

ビルの地下1階だからパッと見だと分かりづらいかも……?

お店は11時30分からOPENです。

注意
15時30分~17時30分までは昼休憩でお店が閉まっています。

 

店に到着!メニューは?

僕が行ったのは12時前でしたが、店内は既にいっぱいのお客さんで賑わっていました。

店内右奥のテーブルに案内されると早速メニューをチェック。

ロゴの感じがインドカレー屋っぽいです。

SOUP CURRY KINGは鶏ガラや豚骨の動物系スープと昆布やカツオなどの和風出汁を合わせたWスープカレーです。

ラーメン店だとWスープは結構聞く単語ですが、カレーでWスープは初耳中の初耳。

Wスープの特長は色んな由来の旨み成分が合わさることで、複雑な奥行きのある旨みを表現出来ることです。

でもちょっとでも使い方を間違えるとエグ味だけが残ってしまいます。

 

 

 

つまり、使い方が難しいけどちゃんと扱えれば最強のスープというわけです。

 

カレーのメニューは基本はこの10種類です。

この他に月毎の日替りカレーがあるのでいつ行っても飽きないと思います。

今回は初めてなので基本のチキンカリーに温泉卵トッピングで注文。

ご飯は300gに増量しました。

辛さやご飯の量も細かく選べるので、辛いのが苦手な方や女性の方でも安心です。

 

店の中は木の暖かさを感じられるエスニックな感じ。

応対していただいた店員さんを始めとした店員さんたちが笑顔のまま接客していたのにとてもほっこりしました。

胸のドキドキが止まらない。

小学校の遠足の前日みたいな心臓の動き。

 

 

 

 

注文して5分でカレーが到着しました!

いやー待ちくたびれた。

実際そんなに待ってないけど。

 

 

 

ご飯はバター系の甘さのターメリックライス。

スープカレーは見た目はシンプル。

早速食べてみます。

 

 

 

 

 

…………!!!

 

 

 

 

 

今まで食べたことない味。

明らかに味はカレーだけど、辛さを後ろから支えている土台の出汁たちの仕事量が半端ない。

 

 

例えるならレアル・マドリードで注目される選手はクリロナとかマルセロだけど、彼らの攻撃したときの守備の穴をセルヒオ・ラモスやカゼミーロが埋めてるみたいな感じです。(分かりづらい)

 

 

仕事量が多いのに主役の存在感を損なわない。

 

 

主張は少ないけど、確かにそこにある。

 

 

 

飛ぶようにご飯とカレーが進みます。

 

 

中のチキンレッグも味わいます。

 

 

 

 

幸せである。

 

 

 

しっかり煮込まれているのでスプーンで軽く触るだけでほぐれちゃうくらいホロホロ。

カレー→ご飯→カレー→ご飯→トッピング→ご飯とスプーンが止まらない無限ループ。

 

輪廻転生、時間遡行。

気分は魔法少女まどかマギカの暁美ほむらちゃん。

永遠のループタイムです。

 

 

 

飽きる間も無いまま一気に完食です。

ご馳走様でした!

 

 

チキンカリーに温泉卵トッピング、ご飯300gで1100円。

最初行く前はカレーにWスープの味は全く想像出来ませんでした。

でもいざ食べると凄くベストマッチ。

 

 

辛い食べ物にありがちなのがただ辛いだけで旨味が全く無いことです。

でもここのスープカレーは結構辛い筈なのに旨みの圧力で辛さをあまり感じません。

 

 

カレー×Wスープ、是非一度味わってみてください!

 

 

▼この記事をいますぐSNSで共有だ!▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください