最高級キーボード東プレリアルフォースの異次元の打鍵感はブロガー向き!

パソコンのキーボードにこだわりありますか?

キーボードはパソコンを買った時に付いてきたものをとりあえず使っているという方も多いでしょう。

僕も以前までは付属のキーボードを使っていました。

でも、今回一念発起して憧れの最高級キーボード「東プレリアルフォース」を購入しちゃいました。

打鍵感が異次元過ぎて感動ものです。

東プレリアルフォースって?

リアルフォースとは、株式会社東プレが発売している静電容量無接点方式のパソコン用キーボードです。

東プレはもともと金融機関のデータ入力などの法人に向けて供給されていました。

 

つまり、正真正銘のプロ用キーボードというわけです。

ちなみにセブン銀行ATMのテンキーは静電容量無接点方式を採用しています。

 

 

もちろんプロ用キーボードなので、価格もロマンがあります。

なんとキーボードで20,000円越えです。

正直、高いですよね。

 

 

ちなみに、今回はAmazonではなく楽天で購入しました。

ちょうど楽天のポイントが5000円程あり、期限が切れそうだったからです。

こういうときに楽天ポイントを使わないと溜まっていく一方なんですよね。

そもそもなんで買ったの?

僕は仕事やプライベートで半日くらいパソコンを使っています。

ご飯を食べるとき以外はずっとパソコンデスクの前に座っている感じです。

なので、パソコン環境を整えることが僕の生活の質向上につながるんですよね。

 

 

僕が求めるキーボードの条件は、

  • なるべく疲れづらい
  • でもキーストロークは深め
  • 押した感は欲しい
  • テンキーありの108キーボード

という感じでした。

僕が求める条件に合うようなキーボードがリアルフォースだったというわけです。

リアルフォースが届いたぞ!

ということで、リアルフォースが届きました。

キーボードが一つ入っているだけなのに、無駄に大きい箱でした。

開けたら、さらに無駄に綺麗に緩衝材が敷き詰められていました。さすが高級キーボードです。

リアルフォース自体の箱はこんな感じです。

丁寧な梱包とは裏腹に外観はシンプルです。

箱の中には、キーボードのみ。

「余計なものはつけない」という潔さを感じます。

 

使用感は?

実際にリアルフォースを使ってみて感じたことです。

ちなみに今リアルフォースを使ってこの記事を書いています。

本体はずっしり重い

まず一番最初に感じたこととして、リアルフォースはめちゃくちゃ重量感があります。

前使っていたメンブレン方式のキーボードと比べて、体感で2倍くらいの重さを感じました。

僕が購入したページには1.4㎏(ケーブル除く)と記載でした。

本体に重みがあるので、高速でタイピングしても本体がずれないです。

キーボードの中身がずっしり詰まっている感じがして高級感を感じます。

打鍵感は軽いのに押した感がある

僕が購入したリアルフォースのモデルは変荷重方式です。

変荷重方式とは

他の指より力の弱い小指の入力負担をさらに低減するため、小指により入力する一部のキーの荷重を他のキーよりも軽くなるように設定(30/45/55g)したものです。打つ場所によって荷重が変わっています。http://shop.tsukumo.co.jp/special/140417t/

僕はキーボードを結構強めに叩きます。

そのため、ある程度の反発があるものじゃないと打鍵してる感を感じられないんですよね。

なので、僕は変荷重タイプのリアルフォースを選びました。

 

 

リアルフォースの特徴は、静電容量無接点方式です。

キーを確かに押している感覚はあるのに、全く疲れません。

 

 

重いのに、軽いっていう相反する2つの感覚が同居しているんです。

これは、実際にリアルフォースを打鍵しないと分からないので、家電量販店に行って試し打ちしてみて下さい。

カチャカチャ音が鳴らない

僕みたいな強めにキーを打鍵する人だと、かなりうるさいタイプ音がなります。

長時間キーボードを打っていると、大きいカチャカチャ音で段々イライラしてくるんですよね。

 

 

でも、リアルフォースはシュコ、ストンみたいな打鍵感です。

独特の打ち心地で、文字を打つのが楽しくなってきました。

リアルフォースなら無限に文字を打ち続けられる気がしています。

打ち間違いがほとんどない

文字の打ち間違いがほとんど無くなりました。

一般的なキーボードを長時間打っていると、チャタリングなどで入力障害が起こる場合があります。

チャタリングとは

キーボードを1回しか押していないのに2回入力されてしまうこと。(例:「あ」と押して「ああ」と入力される)

簡単に例えると、ボタンの押し過ぎでボタンがもとに戻りづらくなっているような現象です。

気持ちよくタイピングしているときにチャタリングが起こると、結構萎えます。

 

 

でもリアルフォースはキーボードの接点が物理的にないので、チャタリングが起きません。

キーがなだらか

僕が買ったリアルフォースのタイプはスカルプチャータイプです。

写真の列のキー角度が若干緩やかになっているんですよね。

 

これによって一番下の列のキーを押すときに必要以上に押し込まなくていいので軽い力で打鍵できます。

値段の価値はある?

実際リアルフォースは高いです。

パソコンの周辺機器で20,000円ですからね。

安いノートパソコンよりも高いです。

 

 

それでも僕にとっては20,000円以上の価値がありました。

まず、仕事柄一日10時間以上キーボードを触っています。

 

 

なので、例え前のキーボードよりも1%作業効率が上がるだけでも、6分の時間短縮になります。

僕の体感では作業効率は25%くらい上がりました。

時間にすると150分です。

 

 

つまり一日当たり2時間30分くらいの価値があったということです。

キーボードを変えるだけでここまで変わるのか、と正直感動しています。

パソコンで頻繁に文字入力する人なら生産効率爆上がり!

リアルフォースはパソコンでガッツリタイピングするような人なら、絶対に使うべきです。

手や指の疲れが本当に軽減されます。

サッカー選手がいいスパイクを履くように、いい文章を書くには、いい道具を使うことが必須です。

 

関連記事>>

今Ryzenがアツい!コスパ最強の自作パソコンの構成がこれだ!【決定版】

Anker Sound Coreが音質最高で持ち運び簡単なコスパ最強のBluetoothワイヤレススピーカーだ!

在宅で仕事している僕のパソコン周辺の環境を全部教えます!【高コスパ】

 

あなたにおすすめの記事>>

今大学生に熱海がアツい!現役大学生が熱海を日帰りで骨の髄まで満喫してみた!

【水曜どうでしょう】サイコロの旅を格安でやってみた

▼この記事をいますぐSNSで共有だ!▼