メンズスキンケアにはどんな栄養が必要?肌荒れや美肌に効く成分まとめ

メンズのスキンケアに必要な成分は女性に必要なものとは違います。

  • 生活習慣
  • 食事
  • 男性ホルモンの乱れ

など原因は様々。

なので、今回はメンズスキンケアで必要不可欠な成分や栄養素をまとめました。

 

ビタミンA

ビタミンとは生理機能を調整する役割を果たす栄養素です。

ビタミンAを多く摂取することで、皮膚を健康に保ったり、抵抗力を強めたりできます。

つまり、ビタミンAを補給することで肌荒れしにくい土台を作ってくれるんです。

 

 

ビタミンAには、動物性由来のレチノールと植物由来のプロビタミンA(αカロテン・βカロテン・βクリプトキサンチン)の二種類があります。

レチノールは体内に残りやすいため、過剰摂取してしまう恐れがあります。

それに対しプロビタミンAは、体内で必要な分だけビタミンAに変換されるので過剰摂取になりにくいです。

ビタミンAは一日どれくらい取ればいい?

厚生労働省によると、一日当たりのビタミン摂取量は14歳以上で700~900マイクログラム。

ビタミンAの必要摂取量は?
ビタミンAの必要摂取量は、年齢や生殖状態(妊娠の有無など)によって異なります。1日あたりのビタミンA推奨量は14歳以上では700〜900マイクログラム(mcg)レチノール当量(RAE)です。授乳中の女性は1,200〜1,300 RAEです。14歳未満の乳幼児および小児に対しては、より低い値を推奨しています。(出典:「統合医療」情報発信サイト)

ビタミンAが多く含まれている食品

レチノールが多く含まれている食品は、レバーや肝などの内臓系です。

しかし、内臓系はレチノールが含まれすぎているため食べ過ぎは禁物。

 

 

プロビタミンAが多く含まれている食品は、いわのりなどの海藻類、モロヘイヤやケールです。

青汁によく含まれている食品ですね。

ビタミンB2

ビタミンB2は体内で活性性のFADやFMNと呼ばれる物質に変化し、脂肪を燃やしてエネルギーに変えるための補助的な役割を果たす栄養素です。

ビタミンB2は「美容のビタミン」とも呼ばれています。

 

 

ビタミンB2は、脂肪の燃焼を補助する役割の他に皮膚を美しく保つ効果が期待できます。

ビタミンB2が不足すると、肌荒れしやすくなります。

ビタミンB2は一日どれくらい取ればいい?

ビタミンB2は水溶性ビタミンです。

脂溶性のビタミンは、体内に残りやすいため過剰に摂取すると体に問題を引き起こします。

 

しかし、水溶性のビタミンは余った分は尿と一緒に排出されるので、上限量は設定されていません。

ビタミンB2が多く含まれている食品

ビタミンB2が多く含まれている食品は、レバー、うなぎ、牛乳、納豆などです。

ビタミンC

ビタミンCには、美白や抗酸化の役割を果たす栄養素です。

美白は言わずもがなですよね。

 

 

抗酸化とは、言い換えると老化防止です。

皮脂が酸化することで、古い肌になり肌荒れや吹き出物の原因になります。

 

つまり酸化を防ぐことは、老化を防ぐことなんです。

老化を防げれば、いつまでも美しい肌をキープできますからね。

ビタミンCは一日どれくらい取ればいい?

人間の体内からビタミンCは作りだせません。

なので一日の推奨量は100mgに設定されています。

 

しかし仮にビタミンCを摂取しすぎたとしても、尿と一緒に身体の外に排出されるので健康への影響はほとんどありません。

ビタミンCが多く含まれている食品

ビタミンCは、みかんなどの柑橘類やいも類、緑茶に多く含まれています。

野菜や果物に多く含まれているので、普段からバランスのいい食事を摂っていれば不足することはありません。

 

しかし、ビタミンCは熱に弱いので野菜や果物を食べる場合は生のまま食べるのが効果的。

ビタミンE

ビタミンEは、紫外線から肌を守ったり、身体をあたためたり、身体を正常に保ったりする効果を果たす栄養素です。

紫外線は肌にとっては天敵。

紫外線からのダメージを減らすことで、肌がダメージを修復する手間を省けるんです。

 

また、ビタミンEには抗酸化作用もあります。

ビタミンEは一日どれくらい取ればいい?

ビタミンEの摂取目安量は、厚生労働省によると成人男性で6.5mgです。

また、摂取上限は650~900mgとされています。

 

 

しかし、ビタミンEは多量に摂取したとしても多くは尿と一緒に排出されます。

脂溶性ビタミンは体内に残りやすいんですが、ビタミンEは脂溶性ビタミンの中でも比較的体内に残りづらいです。

なので、食事で普通に摂取するうえでは過剰に摂取してしまう心配はありません。

ビタミンEが多く含まれている食品

ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。

ビタミンEは光に弱いことで知られています。

 

 

なので、保管をする際には直射日光が当たらないとこを選んでください。

野菜や果物と違い、ナッツ類は長期間の保存が利くので便利ですよね。

タンパク質

タンパク質は、人間の身体の元のなっている栄養素です。

どんなに肌にいい成分を摂ったとしても、肝心の肌を作る原料が不足していては本末転倒。

設計図はあるのに材料がなければ何も作れませんよね?

 

ビタミンを補充しても、タンパク質がなければ健康な肌は作れません。

タンパク質は一日どれくらい取ればいい?

タンパク質は、自分の体重1Kgにつき1gを取ることが理想です。

毎日普通の食事を摂っていれば足りなくなることはなく、むしろ過剰に摂取しています。

なので、意識してタンパク質を摂る必要はありません。

タンパク質が多く含まれている食品

タンパク質は、赤身肉、魚介類、卵などに多く含まれています。

身体の元になる成分なので、肉に多く含まれているんですね。

食物繊維

食物繊維は体内に吸収されません。

なので肌に直接作用する成分ではありません。

 

 

食物繊維の役割は、有害な成分を体の外へと運んでくれることです。

普通の食生活では、肌にマイナスの影響を及ぼす成分も多かれ少なかれ摂ってしまいます。

 

 

それらの成分が体内に吸収されてしまうと、せっかくいい成分を使っていい肌を作ろうとしている身体にとって良くないですよね?

つまり、食物繊維を摂ることで体の栄養素の純度を高められるんです。

食物繊維は一日どれくらい取ればいい?

食物繊維の摂取量は、成人男性で一日20g以上とされています。

食物繊維を摂りすぎてしまうと、本来体に吸収されてほしい成分までもが身体の外に排出されてしまいます。

また、便秘にもつながってしまうので摂り過ぎは禁物。

食物繊維が多く含まれている食品

食物繊維は、多くの食品に含まれています。

なので、健康的な食生活を意識すれば勝手に摂取できます。

 

 

また、食物繊維は水に溶けるもの(水溶性)と溶けないもの(不溶性)の2種類が存在します。

どちらかに偏ることなく摂取するのが効果的です。

コエンザイムQ10

コエンザイムには、Q1~Q12の12種類が存在しています。

その中で人体に効果的に働くのが。コエンザイムQ10です。

 

 

コエンザイムQ10の特徴は、強力な抗酸化作用。

今まで紹介したビタミンにも抗酸化作用はありますが、コエンザイムQ10には及びません。

 

 

コエンザイムQ10を摂取することで、新陳代謝を活発にし、肌を美しく生まれ変わらせます。

新鮮な肌を生み出すことが美肌への近道ですからね。

コエンザイムQ10は一日どれくらい取ればいい?

コエンザイムQ10は一日100mgを摂取するのが好ましいです。

できることなら1日300mg以上を摂取すると効果はさらに高くなります。

コエンザイムQ10が多く含まれている食品

コエンザイムQ10は通常の食事では摂取できません。

なので、サプリメントを使って摂取するのが一般的。

僕はステラの還元型コエンザイムQ10プラスというサプリメントを使って摂取しています。

コラーゲン

コラーゲンとはタンパク質の一種です。

先ほどタンパク質が身体の元になっていると説明しました。

タンパク質の中で、肌を作るものになっているのがコラーゲンなんです。

 

つまり、コラーゲンが肌の元と言っても過言ではありません。

コラーゲンは一日どれくらい取ればいい?

肌を綺麗にするためには、一日当たり5g以上摂取するべき。

しかし、コラーゲンをいくら摂っても体内で分解されてしまうので通常の食事では5g摂取するのは難しいです。

コラーゲンが多く含まれている食品

コラーゲンは、豚足、鶏皮、軟骨などに多く含まれています。

しかし、これらの食品を毎日食べるのはあまり現実的ではありませんよね?

 

 

また、通常の食品の場合吸収率もあまりよくありません。

なので、コラーゲンはサプリメントで補うのが自然です。

栄養を補うサプリメントは「ホワイトルマン」がおすすめ


美肌や肌荒れに必要な栄養は一つに偏って摂るのではなく、バランスよく摂取することがおすすめ。

また、サプリメントのなかには名ばかりで効果がないものの多いのが現状。

 

なのでサプリメントを使ってスキンケアをするなら多少高くても効果があるものを選ぶのが大事です。

「安物買いの銭失い」になっては元も子もないですからね。

 

 

僕がメンズにおすすめするサプリメントは「ホワイトルマン」。

「ホワイトルマン」は美肌や肌荒れに効果的なビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEがしっかり含まれています。

 

 

また「ホワイトルマン」は医薬品に指定されているのが特徴。

医薬品とは国が定める薬機法に合致していないと認められないもので、治療や予防に使われることを前提として作られています。

 

 

医薬品指定を受けるには厳しい審査をクリアしなければいけません。

つまり厳しい審査をくぐり抜けて医薬品の指定を受けた「ホワイトルマン」の効果は折り紙つき。

 

 

僕はいろいろなサプリメントを使ってきましたが、「ホワイトルマン」を使ってから他のサプリメントは使えなくなってしまいました。

それだけ効果抜群なサプリメントなんですよね。

 

 

今なら公式サイトから申込なら通常価格の76%オフの1,900円で購入できます。

「どんなサプリメントを試せばいいか分からない」という方はホワイトルマンが一番です。

「ホワイトルマン」を使って後悔することはありません。

>>ホワイトルマン公式サイト

まとめ

今回は、メンズスキンケアにはどんな成分が必要?肌荒れや美肌に効く成分まとめという記事でした。

どんなにいいスキンケアグッズを使っても、栄養素が足りていなければ綺麗な肌を生み出せません。

「食は万物の元」と言われる通り、栄養をしっかり取ることが綺麗な肌を作るには必要不可欠。

今までこれらのことを意識していなかった方は、すぐに意識して改善してください。

瞬く間に効果が表れますよ。

関連記事>>

【必見】男肌を絶対きれいにする方法と最適なスキンケアグッズを教えます【市販】

汚い肌とはもうサヨナラ!バルクオムが男肌を劇的に改善するスキンケアだった【おすすめ】

洗顔は旅行に必須!持ち運びやすくて使いやすい洗顔フォーム16選【ニキビ防止】

あなたにおすすめの記事>>

今大学生に熱海がアツい!現役大学生が熱海を日帰りで骨の髄まで満喫してみた!

【水曜どうでしょう】サイコロの旅を格安でやってみた

▼この記事をいますぐSNSで共有だ!▼


バルクオム:★★★★★


メンズスキンケアをするならバルクオム。
どんな人の肌でも使いやすく効果も抜群!
今なら初回は500円で購入可能。

ZIGEN:★★★★


めんどくさいスキンケアの作業は一切なし。
1日10秒で簡単スキンケアを実現できます。

ビーグレン:★★★


肌を本気で綺麗にしたいならビーグレン。
効果はトップクラス。
肌悩み別のトライアルセットあり。