旅行の飛行機はどこで予約するのがお得?格安航空券予約サイト6社の評判やメリットを比較!

飛行機は帰省や旅行などの長距離移動でお世話になりますよね。

目的地まで素早くかつ快適に送り届けてくれますからね。

とはいっても、

  • どこで予約するのが一番お得なの?
  • それぞれの予約サイトの特徴は?
  • ぶっちゃけどこの予約サイトも変わらないんじゃないの?

という疑問が結構あるでしょう。

この記事では、そんな疑問に答えます。

今回の記事では航空券予約サイト6社のメリットとデメリットを徹底的に比較してみました。

補足
旅行の移動手段の比較は【コスパ】旅行での移動方法のメリットとデメリットを徹底的に比較してみた【快適】で徹底的に解説しています。

記事のざっくりした内容

航空券予約サイト①ソラハピ




ソラハピは、シェアリングテクノロジー株式会社が運営しています。

運営元は、東証マザーズに上場している会社なのでかなり安心ですよね。

ソラハピのメリット

メリット①業界最安値保証がある

ソラハピには、業界最安値保証というサービスがあります。

業界最安値保証とは

ソラハピにて国内航空券をご購入いただいた後、同一の航空券をより安い料金で購入できるウェブサイトを見つけられた場合、20,000円を上限として差額を返金致します。

(出典:業界最安値保証の理由)

つまり、ソラハピで航空券を予約した後に別のサイトで予約した航空券よりも安いものが見つかった場合は差額を保証してくれる、ということです。

 

 

ソラハピのような格安航空券予約サイトの場合、予約した航空券をキャンセルする場合はキャンセル料がかかってしまうんですよね。

「折角安い航空券を見つけたのにキャンセル料がかかるから変えられない」なんてことがあるとかなり損した気持ちになりますよね。

でも、ソラハピで予約すればいつでも一番安い航空券を予約できるんですよね。

ソラハピのデメリット

デメリット①国内の航空券に特化しているため、海外旅行を考えている方には向かない

ソラハピは国内線に特化した格安航空券予約サイトです。

そのため、国際線を使った海外旅行を考えている方はお目当ての航空券を予約できないんですよね。

デメリット②ソラハピの予約画面から座席指定ができない

友達や家族、恋人と一緒に飛行機を使って旅行する場合、なるべくなら隣の座席がいいですよね。

 

また、僕もそうなんですが飛行機に乗るときは景色を楽しみたいので、出来るなら窓側の座席を選びたいんです。

普通なら予約するときに座席指定が出来るんですが、ソラハピで予約する場合はソラハピの予約ページからは座席指定が出来ないんです。

 

 

「じゃあ座席指定はできないの?」

と思ったらそういうわけでもありません。

ソラハピでの予約が完了した後、乗る予定の航空会社のホームページから座席指定が出来ます。

とは言っても予約したサイトと座席指定をするサイトが違うのは結構面倒くさいですよね。

航空券予約サイト②さくらトラベル




さくらトラベルは知名度こそ大手の代理店に劣りますが意外と歴史は長く、会社設立は2002年です。

さくらトラベルのメリット

メリット①手数料がしっかり明記されている

旅行代理店は、当然ながら航空券を予約する際には手数料を取ります。

こういった格安航空券予約サイトの場合「見た目の価格が安く見えても実際はかなり高額の手数料が知らずのうちに加算されていた」なんてこともあるんですよね。

手数料は一番の儲け所なので、サイトによっては料金が不明瞭な場合もしばしば。

 

 

でもさくらトラベルは、サイト内に分かりやすく手数料が明記されています。

書いてある以上の手数料がかからないというのは予約する側としては安心です。

メリット②LCCの座席指定料が0円

LCCは、あらゆるコストを削減しているので座席指定をする場合でも別途料金がかかります。

 

 

でも、さくらトラベルで予約したLCCの航空券なら無料で座席指定が出来るんですよね。

2人以上で飛行機に乗る場合は、なるべくなら隣の席がいいですよね。

LCCを予約した場合でも座席指定が出来るのは他の格安航空券予約サイトにはない強みです。

メリット③クレジットカード決済の手数料が0円

さくらトラベルのような格安航空券予約サイトの場合、決済時にかかる手数料が結構高いんですよね。

でもさくらトラベルなら、クレジットカード決済に限り手数料がかかりません。

最近は銀行振り込みやコンビニ決済よりもクレジットカード決済が一般的になっているので、こういうサービスが地味に有り難いですよね。

2019/01/23追記

現在はクレジットカード決済の手数料がかかるようです。

メリット④レガシーキャリアが特に安い

格安航空券予約サイトの場合、LCCは比較的安く予約できます。

しかし、JALやANAといったレガシーキャリアはあまり安くなかったりします。

 

 

でも、さくらトラベルは他の格安航空券予約サイトに比べてレガシーキャリアが安いです。

特に仕事の移動で飛行機に乗るビジネスマンの方だと、LCCよりもサービス重視のレガシーキャリアを好む傾向にありますよね。

そんなレガシーキャリアを安く予約できるのがさくらトラベルの大きなメリットです。

さくらトラベルのデメリット

デメリット①コンビニ決済の場合は手数料がかかる

さくらトラベルはクレジットカード決済の場合は手数料がかかりません。

しかし、クレジットカード決済以外の場合は手数料がかかるんですよね。

 

なので決済はクレジットカードを選択しましょう。

また、スカイスキャナー経由で予約した場合はこういった手数料はかかりません。

航空券予約サイト③skyticket(スカイチケット)


skyticket(スカイチケット)は株式会社アドベンチャーが運営しています。

運営元は東証マザーズに上場している上場会社です。

skyticket(スカイチケット)のメリット

メリット①頻繁にクーポンが配布されている

スカイチケットでは、航空券の予約時に使えるクーポンが頻繁に配布されています。

2019年1月17日現在で使えるクーポンは、なんと2,000円引きです。

有効期限 2018/3/19-2019/3/18 2018/10/6-2019/10/31
旅行期限 なし なし
割引額 2,000円 2,000円
クーポンコード sky2018 sky2019a

(参考:クーポントラベル.jp)

2,000円分のクーポンが配布されているというのは、一言で言って驚異的ですよね。

メリット②リアルタイムで最安値がわかる

スカイチケットのホームページは一目で各航路の最安値を確認できます。

こういったサイトの中には、予約画面に飛ぶまで総額が分からないこともあるんです。

 

なので最安値を簡単に確認できるのは、使う人にとってはとても見やすく使いやすいですよね。

メリット③航空会社ごとの最安値も一目瞭然

スカイチケットのホームページには、各航空会社ごとの最安値もわかりやすくまとめられています。

 

 

人によっては、「JALやANA以外はちょっと…」という方もいらっしゃると思います。

なので、航路ごとではなく航空会社ごとの料金が見やすくまとめられているのは魅力的です。

skyticket(スカイチケット)のデメリット

デメリット①決済時の振込手数料が高い

スカイチケットの場合、クレジットカード決済を選択した場合は事務手数料として1,080円がかかります。

また、その他の決済方法として、

  • コンビニ決済
  • Pay-easy/ネットバンク決済
  • AmazonPay
  • 銀行振込

があります。

どの決済方法でも事務手数料として1,080円かかるんですよね。

銀行振込の場合は若干手数料が安いですが、実際に銀行に行って振込をしなければいけないので結構面倒くさいです。

航空券予約サイト④エアトリ(旧DeNAトラベル)




エアトリ(旧DeNAトラベル)は、株式会社エボラブルアジアが運営しています。

株式会社エボラブルアジアは東証1部に上場している企業です。

エアトリ(旧DeNAトラベル)のメリット

メリット①LCCがとにかく安い

エアトリはとにかくLCCが安いのがメリットです。

なので、「楽になるべく安い航空券を予約したい!」という方にとってはエアトリがうってつけですね。

 

格安航空券予約サイトを比較しても、LCCの安さはエアトリが一番です。

メリット②マイルが貯まる

格安航空券予約サイトには珍しく、エアトリで予約した場合でもマイルが貯まります。

よく飛行機を利用する方にとっては、「マイルが貯まるかどうか」も予約するうえでの判断材料になりますよね。

 

 

こういう格安航空券予約サイトの場合、マイルが貯まらないケースも多々あります。

しかし、エアトリならマイルも貯められちゃうんですよね。

メリット③会員になればエアトリ独自のポイントも貯まる

エアトリでは、会員になると自動で貯まるエアトリポイントという制度があります。

エアトリポイントはGポイントやAmazonギフト券に交換が可能なんです。

Gポイントから様々なものに交換ができます。

メリット④クレジット決済かコンビニ決済なら手数料が0円

エアトリはクレジットカード決済かコンビニ決済に限り、支払手数料が0円なんです。

こういった手数料って地味に高いですよね。

なので、支払手数料が0円になっているのはとても使いやすいです。

エアトリ(旧DeNAトラベル)のデメリット

デメリット②表示されている価格は航空券の価格のみである

エアトリで表示されている価格は、基本的に航空券のみの価格です。

格安航空券予約サイトで航空券を予約する際の代金の総額は、「航空券+取扱手数料+事務手数料+支払手数料」になっています。

 

 

しかし、エアトリで予約する場合に表示されている価格は航空券の価格のみなんです。

なので、「いざ航空券を購入したらなんか高くなっていた」ということが起こります。

航空券予約サイト⑤TRAVELIST by CROOZ


TRAVELIST by CROOZは株式会社CROOZが運営しています。

 

 

CROOZは東証JASDAQに上場している企業です。

エアトリなどに比べるとまだまだ認知度が低いですが、これから注目の格安航空券予約サイトになっています。

TRAVELIST by CROOZのメリット

メリット①特割ワイドでお得に予約できる

特割ワイドとは、株主優待券を使ったお得なサービスです。

株主優待券は、金券ショップなどで購入できるので比較的楽に入手できます。

特割ワイドならではの価格で案内されているので、株主優待券を積極的に使えちゃいます。

メリット②マイルの加算率が75%もある

特割ワイドで予約した際、マイルの加算率は75%もあります。

マイルが75%も加算されるのは超お得です。

 

大体1マイル3円くらいの価値があるので、普段から飛行機を利用する方なら特割ワイドで予約しない方が勿体ないくらいですよね。

TRAVELIST by CROOZのデメリット

デメリット①特割ワイド以外での予約の場合、手配料金がかかる

特割ワイドで予約した場合は手配料金がかかりません。

しかし、それ以外での予約の場合は手配料金がかかってしまうんですよね。

 

手配料金は、大体1,000円~2,000円くらいですね。

なので、可能であれば株主優待券を利用した特割ワイドでの予約がおすすめです。

航空券予約サイト⑥スカイ・シー格安航空券モール


スカイ・シー格安航空券モールはスカイ・シー株式会社が運営しています。

他の格安航空券予約サイトと比べて認知度では圧倒的に劣りますが、サービスの内容や質では他社に勝るとも劣りません。

格安航空券モールのメリット

メリット①Webサイトがとてもシンプル

スカイ・シーのホームページで「簡単10秒検索」と大々的に謳われているように、すごくシンプルで使いやすいです。

いろんな格安航空券予約サイトの使いやすいところをいいとこ取りしたような形ですね。

メリット②国内線のみの取り扱いのため、予約の入力が簡単

スカイ・シーでは国内線の航空券しか取り扱っていません。

なので、入力する項目が比較的少なくて済みます。

 

 

海外の航空券まで対応しているサイトは一見便利そうですよね?

でも、海外航空券まで対応しているサイトだと

  • 変な経由地を設定される
  • 入力する内容がたくさんある

場合があります。

それらのわずらわしさをスカイ・シーなら感じません。

格安航空券モールのデメリット

デメリット①他の予約サイトに比べて知名度で劣る

スカイ・シーは他の格安航空券予約サイトに比べて知名度が劣ります。

知名度がないサイトでの予約は若干不安ですよね。

まとめ

今回は【旅行の飛行機はどこで予約するのがお得?格安航空券予約サイト6社の評判やメリットを比較しました】という記事でした。

旅行をするときの飛行機をなるべく安く、かつ楽に予約できる格安航空券予約サイトの6社をまとめました。

旅行をする際に、是非これらのサイトを活用してみてください。

 

関連記事>>

旅行用のケースはどれがおすすめ?選ぶポイントと目的別の最適なキャリーケース9選【最新】

【知らなきゃ損】電車や新幹線になるべくお得に安く乗るための裏技を4つ教えます【旅行】

【必見】これを持っていけば安心!旅行で超必須級のアイテム8選

あなたにおすすめの記事>>

今大学生に熱海がアツい!現役大学生が熱海を日帰りで骨の髄まで満喫してみた!

【水曜どうでしょう】サイコロの旅を格安でやってみた