【札幌 居酒屋】こぼれるまで盛られるいくら丼が見た目も味も絶頂すぎる【はちきょう】

北海道といえばなんですか?

 

 

そう、超絶新鮮な海産物ですよね!

 

じゃあ、海の宝石といえばなんですか?

 

 

そう、いくらです!

 

 

 

そんな海の宝石いくらをこれでもかというくらい乗せてくれるお店があるということで突撃してきました。

 

 

衝撃の光景です。

 

 

いくらてんこ盛り丼を出してくれるお店はどこにあるの?

いくらてんこ盛り丼を出してくれるお店ははちきょうさんです。

はちきょうさんの看板

 

 

はちきょうは北海道一番の繁華街、すすきのにあります。

すすきので4店舗営業しています。

住所:

交通アクセス:

営業時間:

定休日:

ホットペッパー Webサービス

 

住所:

交通アクセス:

営業時間:

定休日:

ホットペッパー Webサービス

 

住所:

交通アクセス:

営業時間:

定休日:

ホットペッパー Webサービス

 

住所:

交通アクセス:

営業時間:

定休日:

グルメ情報検索サイト ぐるなび

 

 

超大人気店なので予め予約を取ってから行かないと入れない場合がほとんど。

 

電話での予約が基本ですが、繋がらない場合もあるので根気よくかけてください。

僕らも予約を取るために何回も電話しました。

 

 

大盛況のお店に到着!

僕らがお店にお邪魔したのは平日の21時30分過ぎ。

今回僕らがお邪魔したのは「はちきょう本店」です。

住所:

交通アクセス:

営業時間:

定休日:

ホットペッパー Webサービス

はちきょう本店の入り口

 

 

なのにお店は満員でした。

北海道胆振東部地震かあったにもかかわらずこの盛況っぷり。

 

 

いくらパワー恐るべし。

 

 

店内には集魚灯や大漁旗などが飾られています。

 

気分は港町の漁師が営んでいる居酒屋に来たような感じ。

 

 

はちきょうは名物のいくら丼以外にも多くのメニューを取り揃えています。(参考:https://www.hachikyo.com/ja/menu)

どれも美味しそう。

 

 

はちきょうに行った日は釧路から4時間ほどかけて札幌まで移動したので身体はクタクタ。

1日の疲れを癒してくれるのはビールしかない!

ということでビールを注文しました。

 

 

お店はとても忙しそうなのに、飲み物はすぐ出てきました。

ファーストドリンクを出されるのが遅い店はかなり萎えますよね。

 

 

いいお店はドリンクを出されるスピードがとにかく早いです。

こういう所は僕的にかなりポイント高いです。

 

 

ビールと一緒にお通しも出てきました。

こんなハイクオリティなものがお通しで出てくるの?!

 

 

お通しのクオリティが高すぎます。

ちゃっちいポテトサラダなんかじゃなくて、お通しまでいくら。

 

 

それに後ろに添えてある羅臼昆布は北海道の形にカットされてます。

隅々までこだわりを感じる最高のお通しです。

 

 

名物いくら丼登場!

ハイクオリティなお通しとキンキンに冷えたサッポロクラシックでキマっていると名物のいくら丼が現れました。

 

 

はちきょうのいくら丼は「つっこ飯」といいます。

いくらをこぼれるまで盛るスタイルのいくら丼ははちきょうが元祖だそう。

はちきょうの名物をひとつだけ挙げるとするならば、それは「つっこ飯」です。

「おいさー」の掛け声とともに、飯をよそった丼にイクラを盛り、また盛り、さらに盛る。

ただ量が多いだけではありません。

盛るのは厳選に厳選を重ねたイクラだけ。

「イクラ消費量世界一」の心意気を掲げる、はちきょうの自慢の逸品、ぜひご堪能ください。(出典:https://www.hachikyo.com/ja/concept)

 

 

はちきょうのいくら丼は大、中、小の3つのサイズから選べます。

つっこ飯のメニュー

 

小は1〜2人前、中は2〜3人前、大は4〜5人前といった感じ。

 

 

ガタイのいい店員さんが人の顔がスッポリ入るくらいの大きさの器に入ったご飯とボウルに入ったいくらをテーブルに着地させます。

お椀パンパンに盛られたご飯

 

 

「それでは、参ります!」

 

 

店員さんの大きな掛け声を合図に丼にいくらが盛られます。

ツヤツヤのいくらがこれでもかと言うくらいに乗せられていきます。

 

 

気づいたら丼からはみ出すまでいくらが盛られていました。

つっこ飯、完成!

パンパンに盛られた丼の光景は大迫力。

これが本当の宝石箱です。

彦〇呂さんの名言が勝手に飛び出してきた

 

早速それぞれのお椀に取り分けます。

 

 

(。・н・。)パクッ

 

 

なんやこれ!

 

 

 

食べた瞬間に幸せが身体を駆け巡ります。

 

 

いくらの味を痛感。

 

 

プリン体の権化。

 

 

 

美味すぎます。

秒で完食でした。

 

 

そのほかの料理も一級品

「でも他の料理はイマイチなんでしょ?」

と、思ったそこのあなた!

 

 

はちきょうを侮るなかれ。

名物のいくら丼以外にも最強の料理が目白押しです。

 

 

例えばこんなに大きいエビのから揚げや、

カリカリ&パリパリのエビから揚げ

 

 

上にたっぷりのチーズが乗っかったじゃがバターや、

はちきょう流じゃがバター

 

 

美味しそうな脂が滴る旬のさんまなど、

脂の海ができそうなくらいのさんま焼き

どれもおいしいつまみばかりです。

 

 

なにを頼んでも美味しくて外れなし。

パーフェクトな居酒屋です。

 

 

最強の居酒屋はサービスまで最強

旨さ最強のはちきょうに圧倒されていると、店員さんから通販の説明がありました。

なんとはちきょうのいくら丼で使われているいくらを通販でも購入することができるとのこと。(参考:http://shop.hachikyo.com/)

 

 

しかも500gも入って8,500円と超お得です。

 

 

店内はとても活気に満ちていて、僕らもつられていくら丼の掛け声に参加してしまうほどでした。

すると店員さんからはちきょう特製のステッカーをプレゼントしていただきました。

プレゼントされたステッカー

 

 

お客さんを巻き込んで笑顔にしてくれる、サービスまで最強の居酒屋でした。

 

 

まとめ

来た人みんなが笑顔になる居酒屋のはちきょうさんにお邪魔しました。

名物のいくら丼は大壮観。

見た目だけじゃなく、味も最高のいくらでした。

 

 

 

北海道のインパクトMAXのつっこ飯を是非食べに行ってみてください!

住所:

交通アクセス:

営業時間:

定休日:

ホットペッパー Webサービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください